2006年11月24日

日本は好景気なんだってね

今の日本の好景気をなんと名づけよう?という記事と、レンタルロボットの記事なのです。
確かに、既に神様の名前を使っているので、どこから持ってくるかが問題ですね。
国民の大多数は、好景気の実感が無いので、「空蝉」とか「かげろう」なんかはいかが?
Japanese Economists Seek Name for 'Boom'
http://www.zaman.com/?bl=economy&alt=&trh=20061124&hn=38604
日本の経済学者は、『ブーム』の名前を捜します

2006年11月23日木曜日

その現在の経済成長の名前を探している日本。

名前は例えば「デフレーションから逃げます」、「蝋燭の明かり」と「コイズミ」は2002年2月から始まって、まだ続ける最近の経済成長サイクルのために提案されました。

1960年代後期の57ヵ月の景気拡大は「イザナギブーム」として知られていました。そして、国の出生について古代の神話で神の名をとって名づけられました。

Rent-a-Robot in Japan
http://www.zaman.com/?bl=national&alt=&trh=20061124&hn=38591
日本の賃借ロボット
Anadolu通信社(aa)(東京)によって
2006年11月23日木曜日

日本の臨時職員会社は、ホステスまたは監督としての使い方のために新しいロボットを賃借し始めました。

ホストまたはガイドとして設計されて、「Ubiko」(3本の足による青と白の特別なロボット)は楽な質問に返答することができて、いくつかの問題に関する情報を提供することができます。

遍在する取引所(会社に派遣労働者を供給している会社)は、2時間JPY 105,000(およそ900ドル)のコストで、ロボットに対して賃貸料を課しています。

この多機能のロボットは、一定に何でも運ぶキャパシティーと共に警戒している準備ができている、と会社関係者が言いました。

彼らは、レンタル料金が理にかなった限度の範囲内である、そして、更なる30社がUbikoを賃借することを望んであると主張します。

アキコ桜井(Ubiquitous取引所のスポークスマン)は、Ubikoが学生に対して戦いを妨げる学校の監督として使われることができると言いました。

その老化と縮んでいる労働人口で、国としての日本は、日常的な機能のためにロボットを期待しています。

Ubikoは別として、動くことができて、話すことができて、人々の大きなグループに演説することができるより多くのロボットが、あります。

D1とコード名をつけられた別のロボットは月にJPY 380,000(およそ3,200ドル)を要して、今月、夜間の見張りとしてサービスするために置かれました。

Asimo(人間とのその類似点で有名なホンダロボット)が、東京のホンダ本部のホストとして、長く使われました。

セコムとAlsok(セキュリティ会社)は、警備員としてロボットの使用を調べています。


posted by おあねす at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: デフレーションデフレーション(deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。デフレとも呼ぶ。物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。同じ金額の貨幣でより多くのものを買えるよう..
Weblog: 経済学のことを知ろう
Tracked: 2008-02-22 16:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。